フランス語といえば鼻母音

鼻母音はフランス語の代表的な特徴です。読んで字のごとく、鼻母音は音を鼻にかける母音のことです。鼻から息を出しながら発音する音といってもいいかもしれません。これが、フランス語の独特の甘ったるい雰囲気を出すポイントです。

フランス語といえば鼻母音(つづき)

代表的な鼻母音の例をいくつか挙げていきたいと思います。

日本語で表記するなら「アン」と読む音 an,en,in,un,am,em,im,um

日本語で表記するなら「オン」と読む音 on,om

他にも鼻母音の例はありますが、この2つが代表的なものです。要は「アイウエオの母音+n,m」ということです。

フランス

他にもありますが、基本はこの2種類です。次に発音のコツについて詳しく説明していきましょう。

まず、「アン・an」の音の作り方ですが、日本語で「ア」を発音するよりちょっと大きく口を開けて(あくびするような感じで)喉の奥の方から「ア」と出してみます。そのまま「ン」と発音せずに、鼻から音を出すような感覚で鼻にかけて音を抜きます。(この抜く、というのが実にポイントです)

どうですか?「ア(ハ)ーン」という間抜けな音が聞こえてきたでしょうか?これこそが鼻母音と呼ばれるものです。

では、「オン・on」の発音も同じようにやってみましょう。「on」の場合は最初に口を前に出して口先を丸め、「オ」と発音してみましょう。日本語の「オ」よりも狭い口になりますね。そのまま「an」のときと同じように鼻にかけて音を抜き「オ(ホ)ーン」という音を出してみましょう。これができたら大丈夫です。

この2種類の音をマスターしたら,もう少し難しい音にチャレンジしてみましょう。先程の「オン」という音を作った口の形を作り,そこから「アン」と言うつもりで音を出してみてください。先程の「アン」よりももっと「オン」に近い「ア(オ)ーン」というような音が出てくれば成功です。

日本人の耳には「オン」と聞こえるかもしれません。これを,学校などでは「広いアン」と呼びます。逆に,前出の「アン」は「狭いアン」と呼んでいます。このうち,比較的よく使われるのは,後出の「狭いアン」のほうでしょう。

この2つの「アン」の音の違いが分かったでしょうか。この2つの音が使い分けられるようになるとフランス語が上手になります。

この音は先程の「アン」と「オン」の中間の音と言ってもいいような音で,アイウエオという5つの母音しか持たない我々日本人にとっては,非常に理解しにくい音なのです。しかし,この音こそがフランス語の鼻母音を語る上で欠かせない音であり,フランス語を美しく響かせるためにはぜひともマスターしなくてはならない音です。

以下、単語例です。

例:アン:ange(アンジュ:天使),impossible(アンポッシーブル:不可能な),un(アン:1),cent(サ(ソ)ン:100) オン:son(ソン:音),nombre(ノンブル:数)


Copyright 話せるようになるフランス語の学びかた All rights reserved.

privacy